2010年01月25日

鷽替え神事

鷽替え神事は知っていましたが、『鷽替え神事が25日である理由』は知りませんでした。
今日は菅原道真が左遷された日なのだそうです。

菅原道真は、25日縁のある人だったそうで。
本日25日は左遷された日でありますし、2月25日は亡くなった日、6月25日は誕生日だそうです。

なので、菅原道真が祀られている天満宮では、25日に祭事が行われるらしいです。


25日と言えば、クリスマスもそうですよね〜
イエス・キリストの誕生日? でしたか・・・(?(。_。).。o0O??

他には思いつかないです。

でも、25日って何かあるんでしょうかね〜 都市伝説みたいですよね?
「信じるか信じないかは、あなた次第です。」 なーんてね。(^▽^;)
posted by SunStorm at 15:52| 東京 ☀| 知らない言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

エレジー

10illust_tora003_si_convert_20100105041620.jpg


喪中につき年始のご挨拶ご遠慮申し上げます。
昨年7月に義祖母が永眠いたしました。
ここに昨年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。
平成22年 1月

 昨年の最後のモヤさま(TV東京)は、花小金井で、写真屋さんなんでしょうか? 年賀状や喪中ハガキの印刷を承っている店で。
 店主が、
「日本人はエレジーが好きだからね」
 と言っていました。

 エレジーとは、エレジー(英語:elegy, elegíe)とは、悲しみを歌った詩などの文学、楽曲。日本語では悲歌(ひか)、哀歌(あいか)、挽歌(ばんか)などと訳される。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

 つまりは喪中のことのようで。
 なぜ、そのような話になったかと言えば、店頭に、『喪中ハガキの印刷承ります』と、年賀状の印刷より宣伝していたからだったと思います。

 外国には喪中って無いんですかね?
 そんな事も無さそうですが・・・
posted by SunStorm at 05:10| 東京 ☁| 知らない言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

不識

昨晩は眠れなくて、夜中、NHKの「ヒストリア」という番組が再放送されていて、それを3本全部観ていた。

1番目に放送した上杉謙信の話で。
謙信は、晩年も、「家来が付いて来ない」事に悩んでいたそうです。
(正確には覚えていないので、事実とは多少違うとは思いますが、ご容赦下さい。)

謙信は、他国から頼まれると断れず、何の利益にもならない遠征に行っていたそうで。
さらに、千葉の方にある北条氏の城を攻めに行った時に、無謀な戦い方をしたが為に沢山の家来(3000人くらい?)を失う大敗をしてしまい。
それがかえって家臣たちから不信を抱かれていたようで。

謙信としては、「自分の利益のためにではなく、『義』のために戦う」だったそうで。
でも、周りからは理解してもらえず。

 そんな折、謙信が幼少の頃、御世話になったお寺に、新しく徳の高いお坊さんがやってこられたそうで、謙信が相談に訪れ、お坊さんの部屋に入ろうとすると、いきなり、
「達磨大師の問答をどう理解してる!」
 と、喝を入れられたそうです。


 達磨大師っていうのは、仏教の禅宗の開祖だそうです。
 ある日、中国の皇帝が達磨大師を訪れ、
「私は、たくさん御布施をし、お寺を建てました。どのような価値があるでしょうか?」
 と尋ねたそうです。
 すると、達磨大師は、
「価値などない」
 と答えたそうで。

 それを聞いた皇帝はムッとして、
「では、あなたには、どれほどの価値がありますが?」
 と聞いたら、
「不識(識らん)」
 と答えたそうです。

 どういうことかというと、自分の価値は分からなくてもいいということだそうです。

 自分にどれほどの価値があるかなんて知らなくてもいい。
 自分のやり方にばかりこだわらず、あるがままでいい。

 という教えだそうです。

 それ以降、謙信は、関東遠征の回数を減らし、能登の方を征服して、土地を家来に分け与えるようになったり、痺れを切らして無謀な戦をすることも無く、勝つようにもなったそうです。

 そしたら、家来も付いてくるようになったとか。
 没後も、山形県の米沢で、戦いの神様として祭られているそうです。


 戦に勝つ負けるというは、さておき、不識という言葉はいい言葉だなぁと思いました。

 普段は、あまり考えないようにしていますが、
 ついつい、
「私って、何のために生まれて来たんだろう?」
 とか、
「何のために生きてるんだろう?」
 とか、考えてしまいます。

「女は子供を産めばいい、子孫を残せ」
 だのと、古臭い年寄りに、しつこく言い続けられていたから反発して、こんな事を知れません。

 少子化は社会全体の問題ではありますが、自分が、あまり幸せな幼少時代をおくって来なかったし、あまりにも、「生まれて来た意味は、『子孫を残す事』だ」とうるさく言われるので、「他の親戚がやってるから、別に私がやらなくてもいいじゃないか」と思うように。

 でも、だからと言って、自分に、他に特別な何かがあるという訳でもなく、
「そんな事の為に生まれて来たのか・・・ くだらない」
 とか、
「別に、特別な意味なんて無い。精子と卵子が結合したから生まれて来たんだ」
 と、よく自己嫌悪に陥ります。

 簡単に言うと、そんな目でしか見てくれない、接してくれない親たちに絶望していたのだと思います。
「自分は、なんて価値の無い人間なんだ」と痛いほど思い知らされてはいるのですが、「そんなのは嫌だ」という反発心も強く。

 でも、不識という言葉の意味を知って。
 もっと早く知っていたら、あんなに苦しむ事も無かっただろうに。
 もうちょっと人生変わってたんじゃないかなぁと思いました。

 ですが、謙信さんがその事を悟ったのは40歳くらいの事だったようなので、それに比べたら、私の方が少し早かったので良かったのかも知れません。
 

 自分の価値なんて識らなくてもいい・・・

 これからは、少し楽に生きられそうです。

posted by SunStorm at 10:47| 東京 ☁| 知らない言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

処暑

昨日は、処暑だったらしい。
「処暑」と言うのは、暑さが収まって来るそうだ。

でも、昨日も蒸し暑いし、今日も湿度は40%と高くないが日差しが強い。
朝と晩は、確かに少々涼しくなって来たような気もするが。

posted by SunStorm at 16:10| 東京 ☀| 知らない言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

100年に一度の不況

現在、「100年に一度の不況」と呼ばれているが、あれって、雰囲気とか気分らしい。

どこの国の人かは忘れたが、経済学者らしい、結構なおじいさんが言っちゃっただけらしく。
実は、不況は10年に1度やってきてるって、ゆうこりんがやってるTBSの「ざっくり」とかっていう深夜番組で言っていた。


でも、バブルって、バブルの記憶のない若い投資家たちが起こしていると、聞いたことがある。
劇団ひとりがやっている「わかるニュース」って番組だったような・・・
そして、バブルは必ず弾けると。

なぜ、同じようなことを繰り返すのか?
誰も、忠告しないのかなぁ?
マネーゲームじゃないけど、ゲーム感覚が働いて、儲かってるのが楽しくなっちゃうのかなぁ。

結局、こんな風に、あちこち倒産したり、失業者が増えたり、どこも信用できなくなって、株価が下がっちゃったりと、痛い目見ちゃったりするのに・・・
posted by SunStorm at 12:45| 東京 ☁| 知らない言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

眼光紙背(がんこうしはい)

ブログを書こうと、Livedoorのニュースを見ていたら、知らない言葉に出会いました。

◆出典:四字熟語データバンク

眼光紙背(がんこうしはい)

 
  • 意 味: 紙の裏まで見通すという意味から、書を読むとき、字句を解釈するばかりでなく、行間にひそむ深い意味までよく理解することのたとえ。
  • 解 説: 「眼光」は、目の輝き。転じて、物事の真意を見通す力のこと。「紙背」は、紙の裏のこと。転じて、言外に含まれた奥深い意味のこと。「眼光紙背に徹す」「眼光紙背に透る」などの形で用いられることが多い。
  • 英 訳: read between the lines
  • 用 例: まさに眼光紙背に徹するという意気込みで読み進めていった。
  • 類義語: 眼光炯炯(がんこうけいけい)


英語に訳すと、「行間を読む」ってことみたいですね。d(゚ー゚*)ネッ!


ちなみに、眼光炯炯は、

  • 意 味: 眼が鋭く光り輝くさま。眼光の鋭いようす。
  • 解 説: 「炯炯」は、キラキラと光り輝くさまをいい。気がかりで不安なさまという意味もある。「眼光炯々」
  • 英 訳: having penetrating eyes(眼光炯炯たる)
  • 用 例: お旦那は、出陣の武士の如く、眼光炯炯、口をへの字にぎゆっと引き結び、 (太宰治「お伽草子」)
  • 類義語: 双眸炯炯(そうぼうけいけい) / 眼光紙背(がんこうしはい)




双眸(そうぼう)とは・・・

両方のひとみ。両眼。
[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]


双眸炯炯(そうぼうけいけい)も、 眼光炯炯(がんこうけいけい) も同じような意味ってことでしょうか?

「眼光」が物事の真意を見通す力、っていう意味なら、「双眸」の方は、まだ、相手のことは分かってはいないが、何か感じさせるものがある、今風に言えば、オーラを感じるといったような、外見的な意味合いが強いのでしょうか?(?(。_。).。o0O??

良く分かりません。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
四文字熟語って、面白かったり、端的で分かり易いけど、意味を理解するのが難しいです。

posted by SunStorm at 08:40| 東京 ☁| 知らない言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。